« 水と土の芸術祭~61 北区 JA濁川支店         「ミズタマリ-NIIGATA」 | トップページ | 水と土の芸術祭~68 秋葉区 新津美術館庭 「水の声―WaterWhisper」 »

2009年9月12日 (土)

水と土の芸術祭~67 秋葉区 中野亭美術館      「アースブック立体図鑑 物語は続く」

Egs114





秋葉区に来ましたEgs103





中野亭美術館向かいですEgs112





笠原由起子さん作Egs104
『アースブック立体図鑑』が展示されていますEgs105






草花をレリーフにして本のようにEgs108






土で装丁した作品の数々ですEgs109
ワークショップで参加者との共作でしょうかEgs110
土倉とうまくマッチしていますね~good
なんとなく"寺子屋"と浮かんだのは私だけでしょうか
Egs115_3










ここは帝国石油の前身を築いた石油王
中野寛一の邸宅(中野美術館)や
当時の石油井戸などの施設を残す
秋葉区金津の「石油の里」で
Egs118



採掘の跡とかEgs127




精製の跡も見受けられますEgs123






紅葉の見所でもあるので
11月にでもまた来ようかな

|

« 水と土の芸術祭~61 北区 JA濁川支店         「ミズタマリ-NIIGATA」 | トップページ | 水と土の芸術祭~68 秋葉区 新津美術館庭 「水の声―WaterWhisper」 »

コメント

そうでした!新潟は油田があるんですよね~
石油王、なんてカッコイイんでしょうか(ミーハーです)
立体図鑑、すごいです。これは実物大なのでしょうか?
単なる写真や絵だけと違って、質感がわかるのがいい!
でも作るのは大変でしょうねぇ・・・・

投稿: きょんち | 2009年9月12日 (土) 20時58分

きょんちさん。
ここに油田というのも不思議な感じがしますね~海じゃないのに…
石油王というと懐かしの人生ゲームとかアラブの大富豪を思い出し(笑)
赤レンガの建物が何となく昔の鉄道っぽいような感じがしました


アースブック立体図鑑、実物大で図鑑サイズでしたね~
作り方はワークショップが終了したので???ですが
先生指導のもとそんなに難しくはなさそうに思えました
なかなかこういう製作イベントに休日が合わないのが悩みでもあります。

投稿: 偏遊人 | 2009年9月13日 (日) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66904/46188523

この記事へのトラックバック一覧です: 水と土の芸術祭~67 秋葉区 中野亭美術館      「アースブック立体図鑑 物語は続く」:

« 水と土の芸術祭~61 北区 JA濁川支店         「ミズタマリ-NIIGATA」 | トップページ | 水と土の芸術祭~68 秋葉区 新津美術館庭 「水の声―WaterWhisper」 »