« 海開きも終わり・・・ | トップページ | 薄紅の・・・ »

2008年7月22日 (火)

海の日は暮れて

Umh001





賑わった海の日の終わりはUmh002















まっかな夕焼けUmh003
















久しぶりのUmh004
















燃える紅にUmh005







ただ黙ってUmh006
夕陽を見つめて何度もシャッターを切りUmh007












また明日も Umh023_3





いい日でありますようにUmh034
夏真っ盛りです。


今まで撮ったことがなかった場所で夕陽を撮ってみました

ヒルクライムの山頂の上地上600mくらいからですか

夕暮れのこの場所は静かに沈む夕陽を上から眺められる場所

暮れてからスカイラインを滑るように下るのは気持ちいいものです

|

« 海開きも終わり・・・ | トップページ | 薄紅の・・・ »

コメント

あー日本海の夕陽だぁ!
綺麗なんですよね~この季節。
実家のビルの屋上からも昔は六甲山に沈む夕日が見られたものです♪
(今はもう周りにでっかいビルが建ってしまったので、見れなくなってしまいましたが)
新潟へも佐渡へもまた行きたいなぁ(*^_^*)

投稿: きょんち | 2008年7月23日 (水) 19時44分

昇っては沈み・・
その度に人々を感動させ元気づけてくれる太陽。
ただただ黙って存在を誇示するわけでもなく
暖かく私たちを見守ってくれますね。

沈み行く夕日は寂しげでもあるけれど
でも・・
必ず明日も顔を見せおはようって
語りかけてくれますよねsun
全てを信じられるように・・。

投稿: totokaka | 2008年7月24日 (木) 11時44分

きょんちさん。
ここからの夕焼けもいいものですが佐渡はもっとすごいらしいですね
一番真っ赤な夕陽が見られる季節なのがこの時期なのですよ~
自宅からの夕陽は山に沈む夕陽なのですが車で十数分でこんな景色…
海が近いのはやっぱりいいなと思いますhappy01

投稿: 偏遊人 | 2008年7月24日 (木) 13時17分

totokakaさん
日中は照り返しがすごくて厳しいんだけど春の陽気は穏やかで
でも晴れている日はやっぱり何となく元気が出るというか楽しいというか
空に大きくその存在感を示しているのがいいものですよね

晴れの日ばかりは続かない…暗い夜もまた続かないもの それはいつの世も

でも雨上がりの太陽とか朝の光も好きですよ
始まったばかりの恋みたいでいいなと思います

投稿: 偏遊人 | 2008年7月24日 (木) 13時28分

弥彦を登って山頂からの夕陽、最高ですね。
て、まさか自転車じゃないですよね?

最近、ようやく去年のように乗れる状態に体調が戻りつつあります。
長いトンネルの出口を抜けられそうな感じです。

偏遊人さんの切り取る風景には、いつも和ませてもらってます。

投稿: maruoh | 2008年7月24日 (木) 18時04分

maruohさん。
この日は午前中~正午まで弥彦間瀬側からえっちらおっちらでした
いや~雑巾絞りの如くジャージも靴下も汗で水浸し状態でしたね
でも登りきってから見下ろすのは気持ちいいもので辛いんですが
ナゼか最近専ら間瀬からばかり走っています、おかしいなぁ…

山頂ではかならず“みそおでん”を食べますねwink

投稿: 偏遊人 | 2008年7月24日 (木) 18時48分

新潟は綺麗な夕日が見られるんですね〜。羨ましいです。
あの海に浮かんでいる光は漁船ですか? 大きな太陽と小さな漁船の光(でしょうか?)が対照的で、見ていても飽きないですね〜。

投稿: shofuku | 2008年7月24日 (木) 23時44分

shofukuさん。
多分イカ釣り漁船だと思いますよ~この日は少ないけど
もっと暮れてから多い日はホタルのようになります
昨日も行ったのですが天気の日は毎日のように写す人もいるようです
見下ろしながら夕陽を見るというのもいいものですよhappy01

投稿: 偏遊人 | 2008年7月29日 (火) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66904/41931785

この記事へのトラックバック一覧です: 海の日は暮れて:

» 夏だ~~! まずは海ですよ [yeah!]
いよいよ梅雨明けです。 待望の夏![E:sun] と言っても 暑いのは嫌いなんだ [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 13時29分

« 海開きも終わり・・・ | トップページ | 薄紅の・・・ »