« あなたを追って出雲崎 | トップページ | 八十八夜過ぎても・・・ »

2008年4月25日 (金)

月はどっちに出ている

  Ban001









弟を送った日は深い蒼Ban002
















オレンジの月の日でBan003_3
たまたま上手く収められました (ラッキー♪)Ban004







せっかくなので万代橋でBan006






信濃川を眺めてぼ~っと数分Ban005
新潟人にとってのシンボルの1つでもありますよね
新潟地震でもビクともしなかったこの橋が大好きですBan009

この日はやや海風もあったので
流れに逆らって波立ってましたがいい感じだ~♪Ban016

朱鷺メッセまで続くこの道のこの場所はすごく好きです

あまり人もいなくゆったりとした雰囲気の中で
川面の揺れを見てるのがいいものです

|

« あなたを追って出雲崎 | トップページ | 八十八夜過ぎても・・・ »

コメント

月がまん丸ですね。
万代橋って格好いいですね。
じかに見るときっと強い存在感があるのでしょう。
光にてらされて少し煉瓦作り風の模様がありますね。
すこし暖かな夜の感じがいい雰囲気です。

投稿: さんぱつや | 2008年4月27日 (日) 05時58分

さんぱつやさん。
2004また「萬代橋」に名前を戻したようで知りませんせした^^;
格好良いのに新潟地震でびくともしなかった強い橋でもあるんです
雰囲気も好きだしこの位置から見るとアーチがすごく綺麗ですね~
味気ない今の橋と比べたら格段に美しい橋でもありますね
なのでここは好きな場所の1つでもあるんです。

投稿: 偏遊人 | 2008年4月27日 (日) 11時24分

懐かしいなぁ~万代橋、本当に美しい橋でした!
あのあたりの夜景は、全国でも一。二を争う美しさ。
ああーもういちど行きたいなぁ・・・
今まで郡山・福島・仙台・いわき・郡山・盛岡・青森ーーーーを廻りましたが、仙台は撮るには少し大き過ぎだし、郡山盛岡はちょっと小さ過ぎなんですよね~
その点新潟は市内にきれいな川が流れてるし、住むのもカメラで撮るにも大きさや美しさが手頃でいいですね♪

投稿: きょんち | 2008年4月27日 (日) 23時05分

ちょうど真ん丸の月で、しかも模様までハッキリわかるなんて綺麗な月ですね。
橋のお写真もなんだか絵になってるな〜。BGMでブルースか何かが流れていてもおかしくない雰囲気ですね。

投稿: shofuku | 2008年4月28日 (月) 22時36分

綺麗なお月様ですね~
秋や冬にはベランダに出て時々見るのですが、なぜか暖かくなると忘れてしまうような気がします。
「新潟といえば万代橋」・・・行った事もないのに偏遊人さんのお陰ですっかりお馴染みになってしまいました(^^♪
いつかこの目で見てみたいです。

投稿: mio | 2008年4月29日 (火) 20時44分

きょんちさん。
実際に見た人ならばなおのことあの橋の雰囲気は何とも言えないですよね
一応ウォーターフロントなんて言ってる割りにバカにできない景色です
中心に川が流れているというのが特徴なのですがこれがまたマッチして
新潟らしさをかもし出しているのでしょうねぇ~アクセント的に
海が近く特徴的ではありますがやっぱり信濃川と萬代橋かなぁ1番は
なんかホッとする景色でもあるんですよね。

投稿: 偏遊人 | 2008年4月30日 (水) 12時12分

shofukuさん。
1眼で撮ればまた違うのでしょうがこれがコンデジの限界でしょうね
満月で高く輝く月よりもこっちの方が雰囲気が会って好きなんです
ブルース♪うんうん確かにいいですねそれも
こういう日は部屋の灯りを消して窓から月の光を部屋に入れながら
静かに1人音楽に耳を傾けるなんてのもいいでしょうね。

投稿: 偏遊人 | 2008年4月30日 (水) 12時19分

mioさん。
結構遭遇率も高い“オレンジの月”です
夕陽も好きなんですがまだ昇りも浅いこの時間の月も好きなんです
たまにびっくりするくらい大きい時もあって観察してると楽しいですよ
夕陽もいいものですがこんな月もどうしてどうしてキレイなものです

新潟のアイコン萬代橋 やっぱりいいものだし雰囲気がありますよね
こんな橋みたいに年齢をとっても雰囲気あるジジィになりたいなぁ(笑)

投稿: 偏遊人 | 2008年4月30日 (水) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66904/40989063

この記事へのトラックバック一覧です: 月はどっちに出ている:

« あなたを追って出雲崎 | トップページ | 八十八夜過ぎても・・・ »