« 城下町さくらんど | トップページ | SA KU RA SA KU RA »

2008年4月11日 (金)

こっちも満開でした

Mib001





自宅より車で5分Mib004






柿栽培の山地にMib002






あるんですね~Mib003







降りて行ってMib005 みると






天然モノの極上なMib011















じゃじゃ~ん!Mib025
Mib012 Mib015








しかし50cmくらいあります^^;Mib014





花びらは厚いのですが
中空で軽い花でした
蘭の系統のような感じ?Mib017














雨のせいか水滴が多くMib018







湿地っぽいのが撮れましたMib009
雨上がりの空気が心地よかったですMib016






シダの若芽もちらほらとMib026







山地も春の模様を呈してきました





・・・しかし すぐ近くで高地でもないのにあるのが不思議

ここが自生地というのはもっと不思議なものですね 

                       尾瀬でもないのに(^^ゞ

|

« 城下町さくらんど | トップページ | SA KU RA SA KU RA »

コメント

♪水芭蕉の 花が 咲いてるぅ・・
高校の合唱コンクールで歌いました。
ソプラノパート歌いたかったけど、いつもながらアルトでした・・sad

でも水芭蕉キレイですよね~^^前に苗場のドラゴンドラ乗り場の付近にいっぱい咲いてましたhappy01

関係ないけど・・偏遊人さんの手・・ぷくぷくしててカワイイですねhappy02

投稿: ばじるん | 2008年4月11日 (金) 18時25分

ばじるんさん。
ほんっとに「咲いてるっ!」てな豪快な水芭蕉だこと…
生命力はかなり強いのかしぶといのか図太いのか
なんだか他人(花?)とは思えません^^;

ぷくぷく…いや次男クンのぷくぷくに比べたら全然プププ^m^
いかにも職人的な手です 細工師とか大工さんチックかな?
手の小ささ指の短さならダントツ1位くらいの自信があります!
(・・・って、どんな自信?▽?)

投稿: 偏遊人 | 2008年4月11日 (金) 19時43分

うわーうわーうわーーーーー!
水芭蕉がこんなにたくさん~
尾瀬を思い出します♪(*^_^*)♪
実は泉植物園にもあったんですけどね、お恥ずかしいくらいの水芭蕉です・・・
大きさもかわいらしくて、ちょうどいいですよね。
もうちょっと経ったら・・・・おそろしいくらいの大きさに(笑)

投稿: きょんち | 2008年4月12日 (土) 16時51分

お~! すごい数の水芭蕉ですね~。水芭蕉というと尾瀬とか高地のイメージがありますが、そういう所じゃなくてもこんなに沢山自生してるんですか。
しかも結構大きそうだし・・・。

投稿: shofuku | 2008年4月12日 (土) 16時58分

水芭蕉って大きいんですね。
何となく、もう少し小さいものかと思っていました。
車で5分と書いてありますが、なんか、この時期ゆっくり自転車で行っても気持ちよさそうな道ですねぇ。

投稿: さんぱつや | 2008年4月13日 (日) 05時15分

きょんちさん。
はるかな尾瀬~までは遠く離れていますがここにも水芭蕉と^^;
ここから移植はできないのでどこかから移植したのであろう
別の水芭蕉が公園やら公共施設の庭やらにあったりします
子供の頃はこんなに整備されてなくてもっと湿地だったなぁ
ず~っと昔からまだまだ残っているのは良いものですね。

投稿: 偏遊人 | 2008年4月13日 (日) 10時27分

shofukuさん。
わざとじゃなく自生している天然記念物で近郊にあるのは
多分ここだけだと思います さしたる高地でもなく
むしろ谷の方の下なので結構な低地にあるんじゃないかな?
とにかくデカいことでも他には類を見ないと思います。

投稿: 偏遊人 | 2008年4月13日 (日) 10時48分

さんぱつやさん。
よく見かけるのはこのサイズの半分かそれ以下くらいでしょうか
とにかく葉っぱのデカさは並みじゃないですよねぇ~
バナナの葉かと思うほどの大きさで花と言うよりもう野菜みたいです
自転車…う~ん、舗装されてるとはいえここまでは結構な山道なんで…^^;

投稿: 偏遊人 | 2008年4月13日 (日) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66904/40848052

この記事へのトラックバック一覧です: こっちも満開でした:

« 城下町さくらんど | トップページ | SA KU RA SA KU RA »