« 池に咲く赤い花は・・・ | トップページ | チリも積もれば何とやら・・・ »

2007年12月11日 (火)

昭和の匂いも醤油の匂いも…

Jm01





長岡市摂田屋は
醸造の街とは知らなくてJm02








わが家の醤油はここなんだとJm03








訪れてビックリしましたがJm04_2








いや~レトロなんだわココJm05

しかし樽の大きさが比較してもすごいなぁ…Jm06





もう何十年も使っています
単純においしいのです

越のむらさきJm07







建物の裏は旧三国街道!
Jm08






醤油の匂いを嗅ぎながら
歩いて行くと今度はJm10








お酒のいい香り~
なるほど吉乃川の酒造タンクJm09_4  

今日も空はカラーでもモノクロでも変わらない色ですJm11_2











途中に何かありますがJm12







お~地下水だったのか吉乃川
信濃川の伏流水だそうですJm13







向かいには何やらお屋敷Jm14
ホントは文化財の蔵が見たかったのですが…
あいにく補修工事中で中越沖地震の影響でしょうか(ToT)
Jm15 






う~んコレは珍しい
名古屋かっ!(笑)Jm16







エンエン歩き(広い!)

いいお散歩にもなりますね
しかし広い吉乃川酒造Jm40

付近の商店街もいくつかレトロな建物があれこれ…
なんかいいなぁ~とまたのんびり歩きます。Jm30


そして・・・


レトロのシメはいち井さんでした。




まだまだ色々あるぞ長岡・・・

しかし毎日どんより天気が続きますが(ToT)/

|

« 池に咲く赤い花は・・・ | トップページ | チリも積もれば何とやら・・・ »

コメント

金物屋の存在そのものがもうレトロで昭和の匂いぷんぷんだよね~
(*゚ー゚)(*。_。)ウンウン♪(゚ー゚*)(。_。*)ウンウン♪
シャチには笑いました~
名古屋じゃなくてもあるのね~~~
                    by愛知県人

投稿: まるこ | 2007年12月11日 (火) 10時06分

おはようございます、お醤油蔵ですか!
こちらだとやっぱり野田ですが、やっぱり似てるなぁ。
先週江戸東京たてもの館に行ってきたのですが、やっぱり金物やさんありました!
近所でみかけること、もう無くなってしまいましたからね・・・
千葉は毎日よく晴れていますが、精神的に落ち込んでてカメラ触る気にもなれません。
ここ数年来一番の谷底に居ます・・・

投稿: きょんち | 2007年12月11日 (火) 10時37分

まるこさん。
あれ、愛知県人だったのですね^^;
カラーもいいのですがこの風景であれば白黒かなやっぱ
マンダムとか仁丹なんかもまず見ないしなくなったし
チェーン店のドラッグにはまずないですもんね
シャチはこらまたビックリ!ここはどこ?って感じかな。

投稿: 偏遊人 | 2007年12月11日 (火) 12時59分

きょんちさん。
おはよ~ございます。あ~野田は有名ですもんねぇ
野田線使ってる時には全く興味も沸かなかったのですが
今こうして見て見るのも面白いものですよね
地元商店街にこういうゴチャゴチャ置いてある金物屋さん
全くなくなってしまいホームセンターだけになりました
子供心にあの何が吊るしてあるのか不明な所が良かったのに…

お元気ではないのですね~気分転換してゆっくり休んで下さいね

投稿: 偏遊人 | 2007年12月11日 (火) 13時04分

懐かしいですね~
サフラン酒の看板などタイムスリップしたようで・・。
レトロな商店街は今でも営業しているんでしょうか。
映画のロケなどにそのまま使えそうですね。

申し訳ないくらいの青空が続いていた千葉も今日は曇り空でした。
カラカラに乾燥しているオババのお肌には一雨欲しいのですが、あまり期待できそうもありません(;_;)

投稿: mio | 2007年12月11日 (火) 17時22分

mioさん。
右書きだし白黒で撮るとなおさら時代がわかんなくなりますね
この一画だけでもけっこういい感じの建物が多々あったりします
商店街は今なお営業していてもちろん全店現役で営業してました
道だけはキレイに広くなりましたがお店はそのままなのがグーです

乾燥も困り者ですが冬野菜の収穫時期でもあるのに
畑に行くことができないと両親は嘆いてましたけどね~
白菜大根長ネギのおいしい季節でもありますもんね

投稿: 偏遊人 | 2007年12月11日 (火) 18時10分

写真もモノクロでレトロな雰囲気たっぷりですね。
長岡は一部は新潟よりずっと新しい建物も多くて都会みたいですけど、まだこういう場所も多いんですね。
昔、祖父母の家があった場所もこんな感じの商店街でした。

「越のむらさき」お店でよく見かけますけど、買ったこと無いです。気にはなっていたんですけどねぇ。

投稿: luna | 2007年12月11日 (火) 22時50分

醤油の樽はホントにデカイですね。昔コンテナを利用したカラオケボックスがありましたが、この樽を使ってカラオケボックスが出来るんじゃないでしょうか?
またモノクロの写真も渋いですね〜。赴きある建物だけに、「古き良き昭和」という感じにさせてくれますね。なんかハマっちゃいそうです。

投稿: shofuku | 2007年12月11日 (火) 23時45分

素敵な風景ですねぇ

けど 写真技術もなかなかのものだねぇ

もしかして 写真家さんですか?

投稿: たまごです | 2007年12月12日 (水) 11時51分

lunaさん。
新潟市内も下のあたりにはこういうトコが残ってるんでしょうが
そのうち散策してみたら新たな発見があったりしていいかも…
長岡はIC付近と千秋あたりが極端に新しくこういうトコは古く
行くようになってからあれこれ発見も多いかな?

むらさき、慣れると某有名醤油が塩辛く感じます。

投稿: 偏遊人 | 2007年12月12日 (水) 13時36分

shofukuさん。
廃樽は夏場にプールとして再利用とか(笑い)
でもこの樽の製造工程も見てみたい気はしますよね
“三丁目の夕日”の影響かこういうトコの散策は飽きないです
こういうものを残すということもすごいものなんですよね
個性があったんだなぁ~昭和の建物・店舗って・・・。

投稿: 偏遊人 | 2007年12月12日 (水) 13時42分

たまごさん。
素敵な風景、そちらは新潟の倍くらい残ってそうですよねぇ
城も含めてなぁんか観光に関してはコンプレックスというか
こういう「○○の街」なんて残してあるのも少ない少ない
なので羨ましい場所(県)だなぁなんて思うこともあります

写真屋さん?だはは同業者だってば^^;

投稿: 偏遊人 | 2007年12月12日 (水) 13時45分

サフラン酒の蔵の中は2年前みに行ったことがあります。
極彩色の手間のかかった鏝絵が圧巻でした。良い写真が無くてお見せできないのが残念です。
サフラン酒は蓬平の高龍神社にも謙譲されていたような?

投稿: 元2000 | 2007年12月12日 (水) 23時20分

元ちゃん。
いいなぁそれは羨ましい。後からわかったんだよねぇ
全国の左官屋さん垂涎の鏝絵らしくやっぱり知ってましたか
いずれ見てみたいなぁ~何となく日光東照宮を思い出しました
サフラン酒も興味津々…え!高龍さまに献上???

投稿: 偏遊人 | 2007年12月12日 (水) 23時50分

モノクロ写真もイイですね!1960年生まれの私には、子供の懐かしさを感じます!

投稿: fumi | 2007年12月13日 (木) 07時53分

醤油の香りって・・なんであんなに“そそる”のでしょう。
特に少し焦がした香りにはコロっとやられますw

昔ながらの大きな樽で作られてると思うと一層美味しそうです♪

レトロな建物も興味深いけど、モノクロ写真だと、なんだか
かっこいいですねぇ^^

投稿: ばじるん | 2007年12月14日 (金) 09時21分

fumiアニィ。
同じくこの風景を見て確かに懐かしいなぁと思いましたね
こんな街中の風景は遠い昔に見た子供の頃の街の景色…。

投稿: 偏遊人 | 2007年12月14日 (金) 23時30分

車が一緒に映ってなかったらきっと昔の写真と思ってしまいますね。商店街も懐かしい味があって・・うーんマンダム。

投稿: 路進 | 2007年12月14日 (金) 23時31分

ばじるんさん。
日本人は外国人から言わせると醤油の匂いがする人種だとか^^;
ウチの方は甘辛醤油味がソウルフードなので醤油の香りと言うのは
確かにそそるものがあるし懐かしいしホッとしますしね
しかし樽に落ちたら溺れちゃうんだろうなぁってくらい深いなぁ
大樽とモノクロってなんか合いますよね。

投稿: 偏遊人 | 2007年12月14日 (金) 23時51分

路進さん。
あはは^^;車が妙にアンバランスですよね(笑)
わが街の商店街の風景もだいぶ今風になっちゃってました
マンダムの看板なんてエラく懐かしい~♪あるトコにはあるもんです。

投稿: 偏遊人 | 2007年12月15日 (土) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66904/17336048

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の匂いも醤油の匂いも…:

« 池に咲く赤い花は・・・ | トップページ | チリも積もれば何とやら・・・ »